当院では内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)を行っています。早期発見・早期治療ために、定期的な検査を受けましょう。


胃内視鏡検査(胃カメラ)

(検査をおすすめする症状)

  • 胃痛
  • 胸やけ、不快感
  • 喉のつまった感じ、違和感を感じる
  • 吐き気が何日も続く
  • ピロリ菌に感染した事がある

検査の流れ

受診

  • 問診・診察等を行い、胃カメラの検査日を決めます

検査前日

  • 夕食は軽めに、消化の良い物を食べて下さい
  • 21時以降、飲食は控えて下さい
  • 寝る前のお薬はOK
  • 早めの就寝を心がけましょう

検査当日(自宅にて)

  • 食事、飲み物は控えて下さい。コップ 1杯程度のお水はOK
    ※薬を服用されている方は、事前にご相談下さい
  • タバコも控えて下さい

検査当日(病院にて)

  • 受付をして頂き、荷物をお預かりします

待合室での処置

  • 液体の薬(消泡剤)を飲みます

検査室での処置

  • 義歯やコルセット、時計・メガネ等ははずしてください
  • 喉に麻酔薬をスプレーします
  • 検査台の上に左側を下にして横になります

内視鏡検査の開始

※患者様の要望があれば、静脈麻酔薬を使用して鎮静状態(眠った状態)で行うこともできます。

  • マウスピースを口にくわえます
  • 内視鏡を、マウスピースを通して挿入します
  • 力を抜いて唾液が流れ出てきますが、そのまま外に出してください

検査終了

  • 検査は10~15分で終了します

検査結果

  • 撮影した画像を見ながら検査の結果をお伝えします ※組織採取やポリープ切除を行った場合には、後日検査結果をお伝えします

検査後の注意事項

  • 検査当日は車の運転は禁止(静脈麻酔薬を使って検査を行った方)
  • 飲食は喉の麻酔がきれる約1時間後から可能です
  • 検査後は激しい運動は避けてください
  • お風呂はシャワー程度にしましょう
  • 組織やポリープをとった場合は、刺激のある食事、大量の飲酒はお控えください

検査料金

  • 3割負担の方で約4,000円程度
  • 1割負担の方で約1,300円程度

胃内視鏡検査(胃カメラ)の費用は大まかに上記のようになります。
※料金は使用する薬剤の量や、生検の施行数や個所などによって多少変わることがあります。また上記費用に別途、診察代、お薬代などがかかります。
(生検とは病変があった場合に組織を採取し、検査センターで詳しく検査する事です)


下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)

(検査をおすすめする症状)

  • 下腹部の痛み
  • 便に血が混ざっている
  • 細い便が続く
  • 下痢、便秘が長く続く
  • 健診等で便潜血が陽性だった

検査の流れ

受診

  • 大腸カメラの検査日を決め問診、診察等行います
  • 前日から食べて頂く検査食や下剤の説明を行います

検査2日前(自宅にて)

  • 就寝前に下剤を服薬します

検査前日(自宅にて)

  • 朝食から検査用の食事を食べます
  • 就寝前に下剤を服薬します

検査日(病院にて)

  • 朝食は食べずに来院して下さい
  • 水分は摂取して頂いて構いません。水、白湯、お湯はOK(コーヒー等、色のついた飲み物は避けてください)
  • 病院にて下剤と水を合わせて2ℓ程飲んで頂きます
  • 何度かトイレに行き、便にカスが出なくなり、透明になったら検査開始です

検査開始

  • モニターを見て頂きながら検査を進めていきます
    ※ご希望の方は静脈麻酔薬を使って眠った状態で検査可能です

検査終了

  • 検査は30分前後で終了します

検査結果

  • 撮影した画像を見ながら検査の結果をお伝えします

検査後の注意事項

  • 検査当日は車の運転は禁止(静脈麻酔薬を使って検査を行った方)
  • 検査後は激しい運動は避けてください
  • お風呂はシャワー程度にしましょう
  • 組織やポリープをとった場合は、刺激のある食事、大量の飲酒などは控えて下さい
  • 便に血が混じる場合があります
  • 検査後はお腹が張り、ガスが多く出ます

検査料金

  • 3割負担の方で約6,000円程度(+検査食1,300円)
  • 1割負担の方で約2,000円程度(+検査食1,300円)

下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)の費用は大まかに上記のようになります。
※料金は検査の際に使用する薬剤の量や、生検の施行数や個所によって多少変わることがあります。
また上記費用に別途、診察代、お薬代などがかかります。
(生検とは病変があった場合に組織を採取し、その組織を検査センターでより詳しく検査する事です)